HOME>次世代育成支援 一般事業主行動計画


次世代育成支援一般事業主行動計画

 仕事と子育てを両立しやすい雇用環境を整備し、従業員がその能力を十分に発揮できるようにするために、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成27年4月1日〜平成32年3月31日(5年間)

2.内 容
目標1 計画期間内の育児休業の取得状況を次の水準以上とする。
男性従業員 2名以上取得すること
女性従業員 現状維持(現在ほぼ全員育児休業取得しているため)

【 対 策 】

平成27年4月〜
 育休取得者が出た場合、本会施設内での病院ネットワーク等を利用した異動(助勤)・代替要員の確保に努め、従業員が育休を取得しやすい環境を整える。
 また、「パパ・ママ育休プラス」の制度等、男性従業員が育児休業を取得できることについて、更なる周知を行う。

目標2 計画期間内に年次有給休暇の取得率を平成26年度実績(※)対比で10%以上に上げる。(※24%前後の見込み)

【 対 策 】

平成27年4月〜
 年次有給休暇について、就業規程を改訂し、時間単位での取得(1事業年度内に5日の範囲)を平成27年4月1日より可能にしたことから、「子育て等に活用できる制度」として従業員への周知を図り、年次有給休暇の取得を促進する。

このページのトップへ戻る