HOME生き活き情報>前立腺検診のすすめ


前立腺検診のすすめ

50歳以上の男性のための
前立腺検診のすすめ

前立腺はどこにある臓器で、どのような働きをしていますか?
前立腺は男性にしかない臓器です。クルミくらいの大きさで、膀胱の出口のところにあり、尿道を取り囲んでいます。前立腺は男性の生殖器の一つで、精子の活動を助ける「前立腺液」を分泌したり、必要に応じて膀胱の出口を開閉したりしていますが、普段はその存在を意識する事はほとんどありません。病気で前立腺が腫れると「トイレが近い」、「尿が出にくい」などの症状が出てきます。

前立腺の病気にはどのようなものがありますか?
50歳以上の中高年男性が気を付けなければいけない前立腺の病気には、「前立腺肥大症」と「前立腺癌」があります。

前立腺肥大症とはどんな病気ですか?
人間は年をとってくると「尿が出にくい」、「尿が漏れる」などの症状が出てきます。このような加齢とともに尿がでにくくなる病気のひとつに前立腺肥大症があります。前立腺肥大症は悪性の病気ではありません。
個人差はありますが、50歳を境に前立腺が大きくなり、尿道をしめつけてきます。また膀胱をつき上げるように刺激します。
そのため前立腺肥大症の症状としては、初めに尿が近くなり、排尿をしても残っている感じがしたり、夜間に何回もトイレに起きるようになります。
更に尿が出にくくなり、尿の線が細くなり、尿がたらたら出るようになります。
更に進むと尿が膀胱にたまっているのに出せない状態になります。
また、尿に血がまじることもあります。
症状が出てから何も治療しないでいると、膀胱の働きが悪くなり、膀胱の中に尿がたくさん残ってしまうようになります。そのため、尿漏れや、全く排尿できなくなってしまいます。
このような状態が長く続くと腎臓の働きも悪くなります。血圧が上がり、食欲がなくなり、身体がむくみ、ついには尿毒症になってしまいます。

前立腺癌はどのような病気ですか?
前立腺癌はアメリカでは男性の癌による死因の第2位です。
日本では欧米諸国に比べて発生数が少ない癌ですが、生活の欧米化や人口の高齢化にともない、急激に増加しつつあります。
前立腺癌は、50歳未満の人ではかかりにくく、60歳くらいから急増する典型的な「高齢者癌」です。

前立腺癌になるとどのような症状がでますか?
前立腺癌で注意しなければならないのは、早期には症状がないため、気がつきにくい事です。治療をせずに放っておくと、尿道が圧迫されるようになり、「尿が出にくい」、「尿が近い」といった前立腺肥大症に似た症状が現れます。さらに前立腺癌は骨に転移しやすく、進行すると腰痛も出現してきます。
癌を克服するための第1は、早期発見、早期治療です。
前立腺癌も早期発見すればするほど、治療成績が高まります。
前立腺癌は、症状が出た時には、かなり進行した状態にあると考えられます。症状が出る前にできるだけ早く発見する事が大切です。

前立腺肥大症の診断や前立腺癌を早期に発見する検査にはどのようなものがありますか?
前立腺癌は自分では見つけにくい病気ですが、定期的に検査を受けていれば早期に発見する事が出来ます。
経直腸式前立腺触診:前立腺は経直腸式に外から触れる事が出来ますので、経直腸式触診は前立腺肥大症の診断と前立腺癌の早期発見に非常に有用な検査です。前立腺肥大症はもちろん前立腺癌が存在すると熟練した泌尿器科医は容易に診断できます。
血液中前立腺腫瘍マーカー:前立腺癌には非常に優れた腫瘍マーカーがあります。早期癌でも、かなりの患者さんで前立腺腫瘍マーカーが上昇しています。
経直腸式前立腺超音波断層検査:この検査により前立腺肥大症と前立腺癌を比較的容易に区別出来ますので、前立腺肥大症の診断に、前立腺癌の早期発見に非常に有用です。
これらの検査を総合して検討する事により前立腺肥大症と前立腺癌の診断が出来、前立腺癌の早期発見が可能となります。

排尿に異常がなくても、前立腺癌を早期に発見するためにも、50歳をすぎたら、
泌尿器科で1年に1回の定期的な前立腺検診を受けるようにしましょう。

このページのトップへ戻る