HOME生き活き情報>膀胱癌について


膀胱癌について

膀胱癌について

膀胱癌はどのような癌ですか?
膀胱癌は全悪性腫瘍の1%ほどで、比較的希な癌です。男性に女性の4倍くらい多く認められ、年令的には60歳以上に多く認められます。
昔は染色工場で働いている人に多い癌として知られていましたが、現在はそのような職業とはまったく関係がない膀胱癌がほとんどです。
膀胱は移行上皮という粘膜で覆われており、そこから発生するので、膀胱癌のほとんどは移行上皮癌と言われるものです。

膀胱癌になった場合の自覚症状はありますか?
痛みなどを伴わない血尿が認められた場合は膀胱癌も疑って検査を受ける必要があります。まれに下腹部不快感や排尿時痛、頻尿などの膀胱炎と似た症状を伴う事があります。腫瘍が膀胱の出口にできると、尿線がとぎれるような症状を呈することがあります。
検診や人間ドックなどで顕微鏡的血尿を指摘された人は尿の中に癌細胞が混入していないかどうかを調べる尿細胞診を受けておくことをおすすめ致します。

膀胱癌の診断はどのようにおこなわれますか?
膀胱の中を観察する膀胱鏡検査を行うことで大部分の膀胱癌の診断が出来ます。
膀胱癌の組織の一部を顕微鏡検査することにより確定診断が出来ます。
膀胱癌の進み具合を診断する進行度診断は超音波検査やCT検査などを用いて行います。

治療はどのように行われますか?
膀胱癌は早期癌である表在性膀胱癌と膀胱壁の筋層に浸潤した浸潤膀胱癌にわけて治療計画が立てられます。

表在性膀胱癌の治療
表在性膀胱癌の治療ではまず経尿道的に膀胱癌を電気メスでけずり取ってしまう手術(経尿道的膀胱腫瘍切除術)を行います。
必要があれば、その後膀胱内に抗癌剤などを注入する療法を行います。
症例によっては結核の予防に使用しているBCGの膀胱内注入療法が非常に有効です。
表在性膀胱癌は治療した後にも再発してくることがありますので、治療後も定期的な膀胱鏡検査などが非常に重要となってきます。

浸潤性膀胱癌の治療
浸潤性膀胱癌の治療は抗癌剤を用いた治療、放射線の治療、膀胱全摘除術などの手術療法など効果的な治療を組み合わせて行われます(「集学的治療」と言います)。
膀胱癌は集学的治療が非常に有効な癌で浸潤性膀胱癌でも完治する患者さんも多くいます。

「尿路変向」の問題
しかし、このような集学的治療で膀胱を取ってしまわなければならなくなった患者さんには重大な問題が残ります。
膀胱には尿を貯める「蓄尿」という機能とたまった尿を体の外に出す「排尿」という機能があります。
膀胱がなくなる事により、これらの機能もなくなりますから、尿を貯めたり出したりする機能をどのようにするかという重大な問題がおこります(「尿路変向の問題」といいます)。
このように膀胱全摘除術を行った後の尿路変向術は、以前には尿がお腹のわきから常に流れ出る尿失禁状態の尿路変向術(集尿器を必要とする尿路変向術)しかありませんでした。
最近、新しい手術法が開発され、今では尿失禁を起こさないような尿路変向術(集尿器を必要としない尿路変向術)、さらには自分の尿道から排尿出来る自然排尿にちかい尿路変向術(自排尿型代用膀胱造設術)も行われるようになってきております。
たとえ進行膀胱癌であっても、治療後は病気になる前とあまり変わらない生活ができるようになってきました

血尿が出たり、排尿時に異常を感じたら、まず泌尿器科を受診してください。

このページのトップへ戻る