HOME医療情報>最新機器導入のご案内


最新機器導入のご案内

最新機器導入のご案内

〜車椅子から降りずに入れる「足湯」と庭園が整備されました。〜

「車椅子から降りずに入れる「足湯」と庭園

 JA新潟厚生連瀬波病院では、入院・外来患者様並びに地域住民へ向けて、「足湯」の利用を開始しました。

 瀬波病院のある新潟県村上市は、瀬波温泉として全国でも有名です。この温泉を病院においても活用したいと検討した結果、足湯として活用することとなりました。

 去る7月27日に竣工式典を終え、翌28日より開放しております。併せて、歩道等の劣化が著しく、これまで放置されてきた庭園についても、屋外での歩行訓練やレクリエーション等多目的に利用できるよう全面的に整備しました。

 当院足湯の最大の特徴は、健常者用の腰掛4席の他に車椅子から降りずに入れるスペースを4席設けたところにあります。足湯の設計段階からリハビリテーション科スタッフを中心に施工業者と何度も協議を重ね、当院オリジナルの構造を完成させました。足湯のある医療機関については新潟県内に数ヵ所確認していますが、車椅子乗り入れタイプは全国でも初めてかもしれません。また、既存の東屋を改修し、その中央に足湯を設置したため、雨天や冬期の雪の季節でも利用可能です。源泉(81.5℃)掛け流しのため温度管理に最も気を遣いますが、利用者には十分満足いただけるものと思っております。お気軽に足湯まで足を運んでみてください。病院長始めスタッフ一同笑顔で皆様をお迎えいたします。

 尚、足湯の名称については『厚生連瀬波の湯 しおさい』、庭園については『うさぎ庭園』と名付けました。『しおさい』は先般創刊した広報誌の名称に揃えました。また『うさぎ』は以前から夜になると数匹の野兎が庭園で跳ね回っていたことによります。足湯・庭園の利用時間は午前9時から午後8時までとしたため、運が良ければ野兎に出遭えるかもしれません。

写真:車椅子の乗り入れも可能な足湯『厚生連瀬波の湯 しおさい』

最新鋭のCT稼動

コンピューター断層撮影装置(CT)の「アクイリオンワン」  JA新潟厚生連長岡中央綜合病院では、最新鋭のコンピューター断層撮影装置(CT)の「アクイリオンワン」を導入し、心臓疾患の診断に役立てています。新潟県内では初めての導入で、日本でもまだ数少ない最新鋭のCTです。

 CTはX線で人体の輪切りを撮影する装置ですが、この「アクイリオンワン」は心臓の輪切り、特に冠動脈を撮影することを目的として開発され、同時に320列のデータを収集できる面検出器が特徴です。

 これまで心臓疾患の診断では、血管に管を通して心臓に造影剤を送るカテーテル方式で検査を行っていました。カテーテル方式は、入院が必要な上に、血管の中を管が通るという、身体的や精神的な負担がありました。またこれまでのCTでは、常に動きのある心臓全体を映すのに、何回か繰り返して撮影しなければならないなどの苦労がありました。

 今回の機器ではわずか0.35秒で心臓全体を映すことが可能になり、高速で最大640スライスも撮影できます。今までよりも少ないX線被ばくで、かつ非常に細密に撮影することができます。このため患者様の様々な負担も軽減でき、入院は必要ありません。

 また、このCTは320列中64列の検出器を用いて一般的な高速型マルチスライスCTとしても使用でき、全身を数十秒で撮影できます。高速撮影を生かして全身臓器の精密検査にも利用しています。

このページのトップへ戻る


  • 医療情報
  • 最新機器導入のご案内
  • 新潟県厚生連医誌
  • 新潟県農村医学会
  • 厚生連産婦人科医会
  • 厚生連看護部
  • 厚生連薬剤師会
  • 放射線技師会
  • 臨床検査技師会
  • リハビリテーション技術者協議会
  • 臨床工学技士会
  • 栄養科