HOME医療情報>厚生連産婦人科医会


厚生連産婦人科医会

厚生連産婦人科医会とは

新潟県厚生連産婦人科医会は、新潟県の厚生連病院に勤務する産婦人科医からなる団体で、会員相互の連携と親睦を図り、新潟県厚生連病院の発展に寄与することを目的としています。

平成6年から年に1回会合を開き、決まったテーマに沿って各病院の実績や方針を検討し、近況報告・情報交換を行っています。

ホームページ開設に寄せて

新潟県は全国の県の中で第四位に相当する大きな面積を有し、そこには都市・農村・漁村・山間僻地・離島といった様々な条件の地域が存在します。新潟県厚生連の諸病院は、その広い新潟県において村上から糸魚川までの各所で医療を担って来ました。それらのうち、産婦人科の常勤医が配置された病院は計12あります。そして、厚生連病院の産婦人科は地域の方々に親しまれて来たと思っております。

とは言え、どの病院にどの様な産婦人科医がおり、どの範囲までの診療が可能なのか、また、産婦人科に特有な自由料金がどう設定されているか等については、身近な病院であっても実際に受信するか問い合わせるかしないと分からないのが実情でありましょう。

ところで、平成6年、新潟県厚生連の病院に勤める産婦人科医同士の研鑽と親睦を目的に、新潟大学の田中憲一教授の発案で「新潟県厚生連産婦人科医会」が設置されました。現在、この会では、お互いの病院の状況をより詳しく把握し、診療手順や自由診療の中で統一可能なものは統一し、それらを一般にも公開しようという運気が高まっております。今回のホームページ開設は、その機運の具体化にほかなりません。会の発足直後から急速に広まったインターネットが、会全体として漸く活用されることになりました。診療の傍ら準備に携わった方々にお礼を申し上げます。

今後は記載内容に逐次改訂を加え、受信を希望される方にも医師にも有意義な情報になるよう高めて行きたいと思います。

平成23年11月
新潟県厚生連産婦人科医会代表世話人 石田道雄(佐渡総合病院)

構成病院

このページのトップへ戻る


  • 医療情報
  • 最新機器導入のご案内
  • 新潟県厚生連医誌
  • 新潟県農村医学会
  • 厚生連産婦人科医会
  • 厚生連看護部
  • 厚生連薬剤師会
  • 放射線技師会
  • 臨床検査技師会
  • リハビリテーション技術者協議会
  • 臨床工学技士会
  • 栄養科