HOME医療情報厚生連看護部>先輩ナースの声


厚生連看護部

先輩ナースの声

患者さんの少しの変化も見逃しません

佐渡総合病院看護師 寺沢 尚起 さん

職歴:2〜5年

出身校所在地エリア:甲信越・北陸

出身校名:新潟県厚生連佐渡看護専門学校

診療科目:内科/消化器外科

現在の仕事内容
佐渡総合病院の病棟(消化器外科と内科)で看護師をしています。
印象に残っているエピソード
ターミナル期の20代の患者さんを受け持ったことです。精神面でのフォローのため、病気を告知されてから現在までの過程を知り、ケアに活かすことに難しさを感じました。また、両親や家族などの関わりも難しいと感じました。
仕事のやりがい
手術後のケアにやりがいを感じます。特に手術期から退院までの過程に関わることができ、元気になって退院されるを見送るこ時はとても嬉しく思います。
仕事をする際に心がけていること
時間に追われた処置をしている中でも患者さんの言動から、病気や治療に対する気持ちの変化を見逃さないように気をつけています。
新潟県厚生連に入職を決めた理由
自分の生まれ育った環境で人と蜜に関わる仕事がしたいと思ったからです。
将来の目標
日々の仕事の中で、知識や看護技術などを先輩ナースから学びスキルアップしていくこと。また後輩にも伝えられるようにしていくこと。
いろいろな科を経験しさらにやりがいや達成感を感じることのできる専門性のある仕事がしたいと考えています。
学生さんへのメッセージ
専門性があり、忙しい業務のなかでも達成感ややりがいを感じることができる仕事だと思います。仕事の名でも自分のやりたい看護を見つけ、それを目指して頑張ってください。

脳外科のエキスパートになりたい!

長岡中央総合病院看護師 頓所 春菜 さん

職歴:2〜5年

出身校所在地エリア:甲信越・北陸

出身校名:北里大学保健衛生専門学院

診療科目:神経内科/脳神経外科

現在の仕事内容
長岡中央総合病院の脳神経外科・神経内科病棟に勤務しています。
印象に残っているエピソード
手術直後の患者さんを夜勤で診ていた時、創部から出血しているのを見つけDrに報告して処置してもらいました。とても無口な患者さんであまり会話をすることなく別のチームへ移り退院されましたが、退院日に私の姿を見つけて走ってきて「あの手術の時、出血しているのを見つけてくださってありがとうございました。あなたのおかげで無事に退院できます」と言って頂いたこと。
また失語のためなかなか言葉が出てこない患者さんへ訪室するとニコッと笑ってくれるのですが、いつも付き添っているご家族から「あなたが来た時だけ、こんなに笑うのよ」と教えてもらい嬉しくなりました。
仕事のやりがい
入院時重症だった患者さん、四肢に重度の麻痺があった患者さん、辛い治療を乗り越えてきた患者さんが笑顔で退院していく時(特に自分で歩いて帰っていく患者さん)はとてもやりがいを感じます。
仕事をする際に心がけていること
患者様、ご家族、スタッフに対してあいさつをしっかりする、感謝の気持ちを伝える。報告・連絡・相談をしっかりする、笑顔でいることを心がけています。
新潟県厚生連に入職を決めた理由
自宅から通勤できることと、地域医療に力を入れていることが決め手でした。
将来の目標
脳外科のエキスパートになりたい!
そして、仕事も家庭も両立させて充実した毎日を送りたい。
いろいろな科を経験しさらにやりがいや達成感を感じることのできる専門性のある仕事がしたいと考えています。
学生さんへのメッセージ
常に人と人との関わりの中で仕事をしているので精神的にも体力的にも辛い仕事ではありますが、患者さんから逆に元気をもらうこともありとてもやりがいのある仕事です。看護師になれて良かったと思います。看護師としても人間としても尊敬できる先輩方がたくさんします。ぜひ一緒に働きましょう!

認定看護師として、今自分にできることを

糸魚川総合病院認定看護師 高瀬 宏美 さん

職歴:6〜10年

出身校所在地エリア:関東

診療科目:外科/その他

現在の仕事内容
私は、2010年から皮膚・排泄ケア認定看護師として活動しています。褥瘡などの創傷ケア、ストーマケア、失禁・おむつの洗濯などのコンチネンスケアに関する「実践」「指導」「教育」を行っております。具体的には病院内の難治性(治りにくい)褥瘡のケアを病棟スタッフと話し合ったり実際に一緒にケアを行ったり、ストーマケア外来やストーマ装具の選択交換方法の検討なども行っています。現在は外来病棟スタッフと認定看護師業務を兼務しております。
印象に残っているエピソード
ストーマを造設した患者様が、退院後に元気な姿でストーマ外来に来てくださった時。自宅でのエピソードや世間話など、いきいきしながら話してくれる方にお会いすると「自分もがんばらなくちゃ!」と嬉しくなります。他にも、病棟スタッフと一生懸命ケアに取り組むことで、患者様の回復を見ることができたとき、無表情な患者様が笑ってくれた時、などなど嬉しかったことがたくさんありすぎて、苦労を忘れてしまいます。
仕事のやりがい
私が認定看護師の資格を取る前は、患者様から「ありがとう」と言って頂けることにやりがいを感じていました。それに加え、今は、院内のスタッフに力を借りたり、スタッフに情報やケアの仕方を教えたりと、スタッフと協力して患者様のケアに関わることができることにやりがいを感じています。
仕事をする際に心がけていること
「どんな時も笑顔でいてね。その笑顔だけで患者は救われるのよ。」
看護師になりたての時に、ある患者様から言って頂いた言葉です。体調が悪い時やつらい事があった時にも、患者様には笑顔で接するように心がけています。
新潟県厚生連に入職を決めた理由
私は生まれが糸魚川市ですので、当院に転勤しましが、今では、糸魚川市民の温かい人柄と、力強い地域性、美味しい食事やお酒にさせられています。
将来の目標
私が皮膚・排泄ケア認定看護師になった理由は、新人の時に皮膚・排泄ケア認定看護師の先輩を見て「私もなりたい!」と思ったのがきっかけです。今でも、その先輩は憧れの存在です。皮膚・排泄ケア認定看護師として、課題は山済みですが、今自分にできることを地道に確実に、地固めの気持ちでやっていきます。
学生さんへのメッセージ
勉強やテスト、実習などで大変な毎日を送っていらっしゃると思います。めげてしまうこともあるかと思いますが、患者様や病棟スタッフは、皆様が看護師になるのを心待ちにしています。一緒に頑張りましょう。

患者さんの笑顔が私の元気の源です

柏崎総合医療センター看護師 高桑 奈美子 さん

職歴:11年以上

出身校所在地エリア:甲信越・北陸

診療科目:内科/小児科/眼科

現在の仕事内容
柏崎総合医療センターで小児科・内科の混合病棟に勤務しています。乳児から高齢者と幅広い年齢の患者さんに接しm看護を提供しています。
印象に残っているエピソード
居宅部門での勤務時代、関わった利用者さんから感謝の詩をいただいたり、利用者さんやご家族から手紙をいただき看護の仕事を選んでよかったと実感し、うれしく感じ今に至っています。
仕事のやりがい
病衣から私服に着替え退院される患者さんの笑顔はステキです。
患者さんの笑顔が私の元気の源だと感じています。
仕事をする際に心がけていること
第一は自分自身の心身の健康の維持です。
また、笑顔と元気を患者さんに届けたいと常に思っています。
新潟県厚生連に入職を決めた理由
地元でもあり、地域医療に根ざしているところに魅力を感じると共に、総合病院であることから幅広い知識・技術を習得したいと考え入職を希望しました。
将来の目標
健康で働き続けることです。師長と協力して、安全な看護を提供していけるよう働きやすい職場環境の維持・増進を図りたいと考えています。
学生さんへのメッセージ
入職後は不安が大きいと思いますが、卒後の教育体制はしっかりしたいます。プリセプターをはじめ先輩看護師の多くのサポートがあります。一緒に働けることを楽しみにしています。

このページのトップへ戻る


  • 看護部
  • 看護部の理念
  • 教育・研修
  • 専門・認定看護師の活動
  • 先輩ナースの声
  • 募集要項
  • 平成29年度新卒採用
  • 助産師・看護師就職支援金制度のご案内
  • 薬剤師就職支援金制度のご案内
  • 奨学金制度のご案内
  • 研修制度