HOME概要>沿革


沿革

沿革

昭和3年11月北蒲原郡胎内信用購買販売利用組合が医療事業を開始
8年10月南蒲原郡医療組合が診療所を開設(現三条総合病院の前身)
9年4月中越医療利用購買組合が病院を開設(現長岡中央綜合病院の前身)
10年10月佐渡医療利用組合が佐渡病院を開設(現佐渡総合病院の前身)
11年8月羽茂村産業組合が羽茂診療所を開設(現羽茂病院の前身)
12年6月小千谷医療利用組合が病院を開設(現魚沼病院の前身)
12年9月上越医療購買利用組合聯合会が上越病院を開設(現上越総合病院の前身)
12年10月北越医療購買利用組合が刈羽郡病院を開設(現柏崎総合医療センターの前身)
13年3月上越医療購買利用組合聯合会が糸魚川分院を開設(現糸魚川総合病院の前身)
13年4月栃尾郷立診療所組合が診療所を開設(旧栃尾郷診療所の前身)
13年5月頸南医療購買利用組合聯合会が頸南病院を開設(現けいなん総合病院の前身)
13年7月橘医療利用組合が川東診療所を開設(現中条第二病院の前身)
19年1月新潟県農業会が発足
新潟県農業会に医療事業を統合
20年7月新潟県農業会が村上診療所を開設(現村上総合病院の前身)
21年11月新潟県農業会が葛塚診療所を開設(現豊栄病院の前身)
23年8月新潟県農業会が解散
機能別に農協県連が発足し、厚生事業は新潟県生産農協連の所管となる
26年4月新潟県生産農協連の改組により新潟県指導農協連へ移管
26年4月頸南病院・上越病院が新潟県生産農協連より分離独立
上越医療農業協同組合連合会を設立
26年8月医療法にもとづく公的医療機関の指定を受ける
27年4月新潟県厚生農業協同組合連合会を設立
38年1月上越厚生農業協同組合連合会と合併
53年7月魚沼病院を移転新築
60年1月法人税等非課税団体として承認される
62年8月三条総合病院を移転新築
平成3年3月刈羽郡総合病院を移転新築(現柏崎総合医療センター)
3年12月糸魚川総合病院を移転新築
4年4月羽茂病院を移転新築
5年4月糸魚川総合病院付属介護老人保健施設なでしこを開設
9年9月豊栄病院を移転新築
11年2月中条病院から精神科を分離独立し、中条第二病院を開設
11年6月中条病院付属介護老人保健施設きたはらを開設
12年4月介護老人保健施設さどを開設
13年4月佐渡厚生農業協同組合連合会と合併
14年4月けいなん総合病院を新築
15年3月国立佐渡療養所の移譲を受け、真野みずほ病院を開設
15年4月けいなん総合病院付属介護老人保健施設はねうまの里を開設
17年10月長長岡中央綜合病院を移転新築
18年4月上越総合病院を移転新築
18年11月県立瀬波病院の移譲を受け、瀬波病院を開設
21年10月医療法人博医会旧新潟こばり病院を譲り受け、新潟医療センター・付属介護老人保健施設こばり園を開設
21年10月栃尾郷病院を廃止し、栃尾郷診療所・付属介護老人保健施設とちおを開設
22年7月上越総合病院付属介護老人保健施設アルカディア上越を開設
22年10月指定管理者制度により、水原郷病院・付属介護老人保健施設五頭の里を運営開始(現あがの市民病院)
23年9月佐渡看護専門学校を移転新築
23年11月佐渡総合病院を移転新築
24年4月刈羽郡総合病院が当該名称から柏崎総合医療センターへ名称変更
25年5月中央看護専門学校を移転新築
27年10月水原郷病院を新築
当該名称からあがの市民病院へ名称変更
28年3月中条病院を閉院し、外来機能・介護老人保健施設を中条第二病院へ統合
28年3月栃尾郷診療所の介護老人保健施設を廃止し、外来機能・訪問看護ステーションを長岡中央綜合病院の付属施設として開設
28年8月栃尾郷クリニック移設開院
29年4月公益財団法人小千谷総合病院を譲り受け、魚沼病院と統合、小千谷総合病院・付属十日町診療所・老人保健施設水仙の家を開設

このページのトップへ戻る


  • 概要
  • ご挨拶
  • 理念・基本目標
  • 役員・組織
  • 沿革
  • 交通アクセス